歯を美しく見せたい│審美歯科ではセラミックを使用

白い歯

治療の流れについて

女性

京都にある歯医者では、インプラント治療を行なうことができる所がありますので歯を失った人は治療を受けるようにしましょう。京都で行なっているインプラント治療は、最初に患者さんとのカウンセリングを行なって歯を失った経緯やどのような治療を希望しているのかを聞きます。話を聞いた後は精密検査を行なって、口の中だけでなくあごの骨の状態などの細かい箇所まで調べるのです。この検査で虫歯や歯周病などの病気があった場合は、京都の歯医者は先に他の病気の治療から行ないます。新しい歯を埋め込むために、あごの骨に穴を空けるためそこから菌が入り込んで感染症を引き起こしてしまいます。それではせっかく埋め込んでも意味がなく、今度は菌に侵された箇所の治療をするでしょう。そのようなことがないように、事前に治療をしてからでないとインプラント治療はできません。様々な検査を行なって、京都の歯医者では複数の医師を集めて治療計画を考えます。この治療は非常に難易度が高いため、確実に成功させるためにも複数の専門家の意見が必要になるでしょう。在籍している歯科医師全員が納得した計画ならば、患者さんも安心して治療を受けることができます。この治療はすぐに歯を埋め込む訳ではなく、まずは人工の歯根を埋め込んで仮の歯を被せるのです。仮の歯を使用している間に患者さんに最適な歯を製作します。人工の歯が出来上がったら仮の歯を外して、新しい歯を装着します。インプラント治療はこれで終わりですが、定期的にメンテナンスを行なわないと外れる可能性があります。