歯を美しく見せたい│審美歯科ではセラミックを使用

白い歯

負担を軽くする

歯型

亀戸には多くの歯科がありますが、その中でも患者さんの負担を軽減することに力を入れている所を探してみてください。ある歯科では、歯を削らずに虫歯菌に侵されている箇所だけを取り除ける治療を取り入れています。海外の大学で開発されたカリソルブという薬剤を虫歯菌に侵されている箇所に塗布するのです。このカリソルブには虫歯菌を浮かび上がらせる効果があって、それだけではなく塗布した箇所を柔らかくすることが可能です。柔らかくすることによって、ドリルなどの医療器具を使用しない治療を亀戸にある歯科で行なえるということです。ドリルの音が苦手な人に最適な治療ですし、麻酔薬を注射する必要はありません。亀戸の歯科では他にも、患者さんが痛みを感じないように様々な治療法や医療器具を取り入れています。治療のために麻酔薬を注射しますが、その時に針が刺さる痛みが苦手という人もいるのです。そのような人達のために亀戸の歯科では、注射を刺す箇所にジェル状か液体の麻酔薬を塗布するでしょう。これによって針が刺さる痛みを緩和して、蚊に刺される程度の痛みに抑えることが可能です。また、電動注射器を使用すれば麻酔薬を一定の速度で注入できるのです。注入する速度が安定しないと、それが原因で痛いと感じるようになります。電動で動く注射器ならば速度は変わらないので痛みはほとんどありません。このような取り組みや医療器具を導入することで、患者さんの負担を軽くすることができます。歯医者は痛いというイメージがありますが、このような所ならば安心して治療を任せることができるはずです。