歯を美しく見せたい│審美歯科ではセラミックを使用

白い歯

予防するためには

歯医者

歯の病気には歯周病と呼ばれるものがあって、これは発症してもすぐに自覚することはできません。ですから、ある程度症状が悪化してからでないと気づけないでしょう。そのようなことになる前に、川崎区にある歯医者を利用して検査を受けるようにしてください。川崎区の歯医者では歯周病を予防するための治療を取り入れていますから、早めに治療を受ければ悪化する前に防げます。歯周病は歯茎の間にある歯周ポケットに歯石や歯垢が溜まることが原因で発症するのです。歯周ポケットに溜まった歯垢などは簡単に取ることができず、知らない間にどんどん溜まっていきます。川崎区の歯医者はPMTCという治療を行なって、歯に付着している汚れを全て取り除くでしょう。除去した後は、歯茎と歯の表面にフッ素を塗布することで予防できます。フッ素には歯質を強化して歯に菌が付着しないように予防できますし、歯茎に使用することで歯茎を引き締めることが可能です。このような治療を受けることで、歯周病を防いで発症しないようにできます。

歯周病の進行には段階があって、初期の段階は歯垢が溜まって炎症を起こしてしまいます。この段階で歯磨きの時に出血することはありますが、歯が痛いということはありません。これが進行していくと歯周ポケットが深くなっていき、更に歯垢の量が多くなってしまうのです。この状態を軽度歯周炎といって、歯茎が腫れるだけでなくあごから伸びてきている骨も徐々に溶けている状態になります。そのまま放置すると歯茎はやせ衰えて、歯を支えきれずにグラグラ動いてしまうでしょう。こうなってしまうと、歯医者ではその歯と炎症を起こしている神経を取り除く必要があります。歯と神経は取り除くと再生できないので、早めに川崎区の歯医者を訪れてください。